首都圏模試との難易度比較

首都圏模試との難易度比較

首都圏模試と合不合判定テストの難易度比較

 

首都圏模試と合不合判定テストの難易度比較に関してお話いたします。
首都圏の中学受験用の模擬試験には、塾が主宰している模試や模擬試験業者が主宰している模試があります。
その中で、首都圏の多くの中学受験生が受験する3つの模試を「三大模試」と呼んでいます。

 

・四谷大塚の「合不合判定テスト」
・首都圏模試センターの「統一合判」
・日能研の「全国中学入試センター模擬試験」

の三つの模試を指します。

 

模模擬試験により、受験者層の違いから、問題のレベルに大きな違いがあります。
問題のレベルの違いがある為、模試を受験する場合はお子様のレベルや志望校のレベルにあった模試選びをすることが重要になってきます。

 

首都圏模試センターの模試は、日能研や四谷大塚の模試と比べて、比較的基礎的な問題が占めるウェイトが高い為、「中堅・下位校向け」の模試といえるでしょう。

 

中堅〜上位校を受験される方は四谷大塚の合不合判定テスト
中堅〜下位校を受験される方は首都圏模試

 

を受験する事をお奨めします。