四谷大塚 合不合判定テスト 偏差値 結果

四谷大塚 合不合判定テスト.comへようこそ!

本サイトは、中学受験生の多くが受験する四谷大塚主催の「合不合判定テスト」・「合不合判定予備テスト」に注目して、模試を受けるからには、どのような部分がポイントなのか、どのように合不合判定テストを活用していけばよいのかなど様々なアドバイスをしていきます。

 

是非とも合不合判定テストを受ける前に、一度目を通していただければと思います。

 

合不合判定テストは、言わずとしれた、四谷大塚主催による全国最大規模の中学受験統一模試です。

 

四谷大塚の合不合判定テストは、6年生対象で9月以降に計4回行われ、12月が最終。合不合判定テストは、志望校の合格ラインを知るための公開テストで、40年以上の実績があります。

 

さすがは老舗の四谷大塚だけあって、長年にわたる受験実績から蓄積された豊富なデータは確かなものとなっております。

 

合否判定の精度はもちろんのこと、提携塾のネットワークで、日本全国の合否判定が可能となっているため、幅広く浸透している模試です。

なお、四谷大塚という母体ですが、サピックスや早稲田アカデミー、日能研の生徒も受験するため、母集団の質が非常に高くとなっています。

 

流れとしましては、6年生になると、まず4月と7月に合不合判定予備テストがあり、9月から12月は毎月1回のペースで合不合判定テストが実際されます。

テスト結果として、個人成績表と結果資料表が返却されます。
結果資料表には、以下のものがあります。

 

◆学校別合否判定表
志望校の「他の受験生の分布」「順位」「合格可能性」「志望校以外の学校の合格可能性」

◆得点別順位一覧表
4・3・2教科別に全受験生の中での順位

◆評価表
「評価表」は得点を「偏差値」に換算するために作成された表。

◆教科別正答率一覧表

◆偏差値変動の大きい中学校・志望者増減の大きい中学校
前年度入試結果や前回の合不合判定テスト時のデータとを比較することで、各中学校の難易度や志望者数の変動をしることができる。

 

受験料:1回 5,040円(税込)で、4・2教科とも同じ金額になります。